診療時間
09:00~12:00
14:00~19:00
  • …13:30-17:30まで

    …14:00-16:00まで

  • 休診日:火曜・金曜・祝日

〒249-0006 神奈川県逗子市逗子1丁目10-20

046-887-0005

虫歯の治療

Caries

虫歯の治療|逗子駅より3分、オーケースーパー前の歯医者|湘南ライフ歯科逗子

Ⅰ. 虫歯の原因

虫歯の原因

虫歯とは、口の中に住みついている細菌が食べ物や飲み物に含まれる糖質をエサ(代謝)にして作られる「酸」によって歯が溶かされ、穴が空いてしまう疾患です。

虫歯は酸を作る「細菌(主にミュータンス菌)」、「酸に溶けやすい歯の質(酸への抵抗力)」、細菌のエサとなる「糖質(主に砂糖)」の3つの好ましくない条件が重なり、時間が経過することで発生します。

虫歯の主な原因菌であるミュータンス菌は、糖質(主に砂糖)をエサにしてネバネバした水に溶けにくい「グルカン」という物質を作り、歯の表面に付着します。このグルカンは粘着性が強いので、多くの細菌がくっつき合い大きな塊に成長していきます。これがプラーク(歯垢)です。

また、プラークの中でミュータンス菌は、砂糖を分解(代謝)して「酸」を作ります。この酸によって、歯の表面のカルシウムが溶け出し(脱灰)、やがて虫歯ができます。

Ⅱ. 虫歯の進行度

虫歯の進行

虫歯の進行

C1の場合

C1の場合

日常清掃(ブラッシング)の改善で再石灰化(自己修復)が生じて問題なしで終わる可能性が高いです。

治療法:クリーニング(TBI・PMTC)

C2の場合

C2の場合

歯髄(神経)保存が可能な状態である場合が多いです。歯髄(歯の神経)が残るので歯の寿命が短くなることを回避できます。

治療法:う蝕除去と欠損部修復(詰め物・かぶせもの)

C3の場合

C3の場合

歯髄(神経)の中に虫歯菌が到達した状態であり、すでに痛みがあるか、近いうちに痛みが発生する可能性のある状態です。一般的に神経の処置(歯髄切断、抜髄)が必要となります。ただし適正な上記(歯髄切断、抜髄根管治療)の処置を行えば、再度、咀嚼機能を回復することができます。

治療法:MTA治療、根管治療

C4の場合

C4の場合

歯が完全に破壊してしまった状態です。再度咀嚼に使用するのは不可能です。

治療法:抜歯

Ⅲ. 実際の治療法の流れ

虫歯の除去

虫歯の除去

欠損状態確認

欠損状態確認

修復情報の相談

修復情報の相談

かぶせもの?
自費?保険?

いろんな修復法があるよ
MTAセメント、インレー、アンレー、クラウン

修復処置

修復処置

MTAとは

歯にはそれぞれ「神経」とも呼ばれる歯髄というものが存在します。虫歯で歯のエナメル質や象牙質が侵されると、虫歯はこの歯髄に達します。虫歯が歯髄に達すると、激しい痛みを伴いながら歯髄が侵食され、歯髄炎や根尖性歯周炎という病気になり、治療が困難になっていきます。
通常、虫歯が歯髄に達すると、この歯髄を取る「抜髄」という処置がなされますが、歯髄を抜いた歯は「失活歯」という活動をしていない歯になってしまいます。数年後には治療が終わっていてもある日突然割れてしまうこともあります。また、生活反応を示さないため感染に弱く、二次カリエス(虫歯の再発)などにもなりやすくなってしまいます。このような場合は、歯を抜かなくてはいけない可能性が高くなってしまいます。
このように、失活した歯は大幅に寿命が短くなります。

しかし近年、この抜髄という処置になる可能性がある歯でも、残せる治療法ができました。それがMTAセメントを使った断髄という治療です。断髄とは虫歯が進行したところまでの組織を取り除き、MTAセメントによって蓋をすることにより、神経の生活反応を残したまま保存する方法です。もちろん、全てのケースに適応されるわけではありませんが、歯の神経を残す最後のチャンスとしての治療が可能となりました。

インレーとは

奥歯(小臼歯・大臼歯)の比較的浅い虫歯で、神経を残すことができるが、コンポジットレジンでは修復できない場合に虫歯の部分を削って取り除いた後、その窩洞に補う詰め物のことを「インレー」と言います。一般的に、歯と歯の間に虫歯ができた時に用いられ、虫歯の部分を削った後にインレーを装着するための窩洞形成をして、その後型とりをして作られます。虫歯の範囲によって削り方が違ってくるため形は様々です。

アンレーとは

インレーよりも広い範囲を補います。歯の四隅や咬む面を大きく覆って詰めることをアンレーと言います。歯に被せるように装着するものの、歯肉のところまでで全部ではなく、上半分くらいまでを覆う修復物です。

根管治療とは

歯根には、歯髄と呼ばれる神経や血管からなる結合組織で満たされた“根管”という空洞があります。この“根管”を無菌化し、再感染が起こらないように薬剤を充填する方法が根管治療です。

根管治療が必要となるケースで多いのが、神経まで虫歯が進行した場合です。虫歯の他に、歯周病由来で神経が感染した場合にも根管治療を行います。生活歯(神経が生きている歯)の場合、神経に感染が近接している場合や、感染が起きている場合には、強い痛みを生じます。

歯根の先に炎症が波及して、歯を支えている顎の骨を溶かしている状態を根尖性歯周炎と言います。この場合は歯の神経が失活(死ぬ)し、自然治癒は不可能なため、根管治療を行い感染を除去することが必要です。

トップアイコン
Loading...